呑んで☆呑まれて

呑んで☆呑まれて

呑まれて呑んだ・・・酒の記録です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Kanakoya(かなこや)~日ノ出町

先週の野毛です。

1軒目、「益子」という野毛のやきとり屋で呑んだ後に寄りました。
かなこやです。

DSC_0095.jpg

1軒目でもかなり飲みましたが、丁度人数分席が空いていたので入りましたよ。

DSC_0096.jpg
生で食します(驚) おっ!? 甘くて食べれますね。生のとうきびは初めて食べました。

DSC_0094.jpg
此方はオリーブの実の塩漬。

こんな肴でハウスワイン1杯とイチローズモルトをロックで1杯。

最後は深夜まで営業している小さなケーキ&カフェ「バジル」でお茶を。
小さなスタンドカフェで、通りから店内が見えるんですけど、此処はみどりちゃんという女性が担当の時だけ寄ります(爆)
ヤローの時は素通り・・・・

DSC_0090_20130718223901.jpg
此処の濃厚なエスプレッソが好みなんです。小さなカップに入って出てきます。

DSC_0088_20130718223859.jpg
ケーキは手作り感ありますね。お姉さん何時行ってもケーキ作っています。これはモンブランのタルト。

DSC_0092_20130718223903.jpg
小倉抹茶のタルト。ケーキは日替わりみたいです。

こんな感じで夜も更けてまいりました。


スポンサーサイト
 
 

坂の上のそば屋「司」~日ノ出町

約2ヶ月ぐらい前に行った蕎麦屋です。
この辺りじゃ珍しく日本酒が充実している・・・ってんで行ってみました。

DSC_0051.jpg
昨日紹介した「Kanakoya」の前を通り、ご覧の階段を上がった先にお店は在ります。


食べログ等見るとかなりキツイ階段を登った先にやっと店がある・・・なんて、かなり階段
のキツさを強調した書き込みを幾つか見受けましたが、実際行ってみたらこんな程度でした。
この階段がキツいなんて普段どんな生活しているんだよ!?とか思ってみたりして(笑)

DSC_0053.jpg
住宅地の中にポツンと在りました。

DSC_0054.jpg
分かり難いでしょうが、玄関です。中々雰囲気あります。

DSC_0056_20130629222933.jpg
もずく。

DSC_0057_20130629222954.jpg
此処の名物だそう、平貝の一夜干。これ酒にあいますねぇ~。こういうのでチビチビ呑む
のが好きなんです。載っているのは蕎麦の実味噌。

DSC_0055.jpg
酒はこんな入れ物で供されます。

DSC_0059_20130629222957.jpg
酒はこの辺りを左から右へ。

DSC_0058_20130629222955.jpg
天ぷら盛り合わせ。

DSC_0060_20130629222959.jpg
2時間ぐらい経ったでしょうか、気が付けば他のお客さんも皆帰ったようなので
会計を頼もうかと思ったら、女将さんから「えぇ~~!蕎麦屋来て蕎麦食べないのぉ~~!!」
なんて言われたので仕方なく・・・本音は食事しに来た訳じゃなく酒呑みに来たのだけどなぁ
という感じだったんですけど。呑んだ後に腹に溜まるもの食べると、折角の酔いの余韻が悪くなるのであまり
食べたくはないんですけどね。因みに蕎麦は十割の田舎蕎麦でした。

DSC_0061_20130629222952.jpg
酒は5~6合呑みましたか。〆はよく呑みましたということで(大笑)サービスの「焼酎の蕎麦湯割り」を。

ご馳走様でした。




 
 

Kanakoya(かなこや)~日ノ出町

最近のお気に入りです。先週も行きました。

DSC_0092.jpg

京急、日ノ出町駅隣接のマンション1Fに在るんで雨の日でも傘なしで行けます。
ワインバーの「かなこや」
地元出身の女性オーナーと男性一人の二人で切り盛りしているお店です。
ワインバーですが、酒はワインだけではなく、何でもあります。勿論日本酒も。
酒がダメな人にはカフェメニューもあったりします。

此処ではワインを飲んでいます。初めて行った先週と昨夜は色々グラスで7~8種類。
最後に気が付いたんですが、そんなに飲むんだったら最初からボトルで頼めば良かった・・・
次回からはそうします。(笑)

今回は頼んだ肴を紹介。
皆、素材が良いのか、シンプルな料理でもかなり美味しいです。
レベル、結構高いです。何時も混んでいて中々入れない理由がよく分かりました。

DSC_0091.jpg
ミックスピザ。常連はなにやらチーズの量などオリジナルなリクエストをしていたみたいでしたが、
自分らはオーソドックスなヤツを。

DSC_0088_20130628225638.jpg
蒸鶏のつぶマスタード和え。鶏とマスタードの相性もとても良く美味しかったです。

DSC_0087_20130628225636.jpg
スモークサーモンとアボカドのタルタル。クラッカーは「あたり前田のクラッカー」です。

DSC_0089_20130628225640.jpg
ヤングコーンとアスパラのボイル。こんな大きなヤングコーンは初めて見ました。
これはシンプルに塩を付けて。

こんな感じで2時間くらいお邪魔しました。


 
 

侘助

また野毛で呑みました。

一軒目は「萬福」という街の古い中華屋さんで餃子や唐揚でサワーを2杯。
さて、二軒目に「オマエ絶対に気に入る!」と言われて連れていかれたのがこの店です。

先日の武蔵屋から約20mの至近にそのお店はありました。

DSC_0037.jpg

店の入り口は野毛というか横浜というより、京都は先斗町の小径の奥っぽい雰囲気を漂わせています。

DSC_0036.jpg


DSC_0034_20130126110646.jpg

引き戸を開けるとカウンターに7席と囲炉裏に2~3席のこじんまりした店内です。
オッ!中々良い感じ。

DSC_0031_20130126110631.jpg

品書きは見ませんでしたが(見ろよw)酒は日本酒中心なのかな?龍力や杉錦なんかがあるみたいです。

DSC_0029_20130126110630.jpg

お通しはじめ、肴も日本酒に合いそうなものが多い(みたいでした)
本日のお通しは左から、焼葱の煮びたし、海老芋(多分w)、生春巻き。
これは「小」にしてもらったのですが、普通だと5品!!もあってかなりの量みたいです。
お通しなのに御飯物もあってそれだけで肴は事足りるって感じ。

酒はお燗を。此処では湯の入った箱に1合ちろりが浸かっている(燗すけ)の様な
入れ物に入って出てきます。最初はぬる燗ですが暫く経つと熱くなります。
ぬる燗の時は、柔らかい味わいの旨い酒ですねぇ。あえて銘柄なんか訊きませんでしたが、
恐らく特定名称酒。

DSC_0030_20130126110631.jpg

頼んだ肴は、干した蛍烏賊とじゃこ天を炭火で炙りながら。

DSC_0032_20130126110631.jpg

店内は特にBGM等も無く、静かです。

DSC_0033_20130126110629.jpg

物静かで雰囲気ありそうな女将さんが一人で切り盛りしているお店です。
なんか居酒屋版「深夜食堂」みたいなドラマの舞台になりそうな感じのお店でした。

因みに予約は承っていないそう。小さいお店なので2~3人で伺うのが良いかな。


 
 

武蔵屋

昨晩は野毛で呑みました。

DSC_0027_20121212160911.jpg

野毛の酒呑みは皆知っている店ですが、

DSC_0026_20121212160910.jpg

知らない人から見れば、単なる古民家な入り口。看板や暖簾も無し。

DSC_0028_20121212160912.jpg

然し、店内は「古き良き居酒屋」な空間です。

DSC_0030.jpg

此処では所謂「三杯酒」がルール。
やかんに入れられた燗酒が高い位置からご覧の通り一合グラスにピタリとこぼさずに注がれます。
これも此処の名物ですね。
丁度良い塩梅のお燗酒がなみなみ注がれ、これが三杯まで。

DSC_0029_20121212160914.jpg

一杯目の酒の肴は「酢漬け玉葱」と「おから」。

DSC_0032_20121212160934.jpg

DSC_0031_20121212160933.jpg

二杯目の酒には「鱈豆腐」と「納豆」。

DSC_0033.jpg

最後の酒には「御新香」。
出される肴も昔から同じもの。これで¥2,200は昔も今も。

DSC_0034.jpg

三杯呑んで長居しないのが、此処の粋ってところですか。
その後、今夜の二軒目「末広」に向かいました。


 
<- 10 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
my account tweet
SAKE tweet
tweet of jyuyondai
プロフィール

而間☆ユ

Author:而間☆ユ
.
酒は麻薬のようなもの。呑んでいるつも
りが何時の間にか呑まれてしまって身体
を潰すのは酒呑みの性。
然し美味しいから解っていても止められ
ないんですけどね・・・

拙ブログ、まあ、見てやってください。
日本酒の全く新しい呑み方も提案しますよ。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。