呑んで☆呑まれて

呑んで☆呑まれて

呑まれて呑んだ・・・酒の記録です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

浮ひょう

先日紹介したこの画像、左端のおじさんは何をしているのだろう?2人の客は何を
見ているのだろうとずっと疑問に思っていたのだが、やっと解った。

chu001

おじさんは「浮ひょう」を使ってアルコール濃度を測っていたんだね。
http://www.keiryou-keisoku.co.jp/databank/sangyo/fuhyou.htm

uki001

日本酒度等もこれで数値を測定するみたいですよ。






スポンサーサイト
 
 

深夜食堂

mesiya001


偶にはこんな肴で燗酒呑むのも良いねえ~。
それもこんな店で。

此処は毎晩深夜0時に開店する新宿歌舞伎町の裏路にある「定食屋」
メニューにあるのは「豚汁定食」だけ。
あとは店主の気分と冷蔵庫にあるものでなんでも作ってくれる。
そんな店なんです。営業は明け方まで。


mesiya003

mesiya002


主人公の店主役は小林薫さんで、2年位前の深夜にTBS系で放送
していました「深夜食堂」。何か好きなドラマでしたねえ。

現在はDVDでも出ているので、機会あったらレンタルでもして観て
みてください。

http://www.meshiya.tv/


【追記】近日、同じTBS系で続編が製作される模様。
製作スタッフ等も前回と同じらしいので期待できるかな。



 
 

大衆酒場~昭和30~40年代

またまた拾ってきた画像。

iza001

昭和30~40年代の酒場の風景。
こういう画像、好きなんだよねえ~。

これ見ても、当時やっぱりビールって高かったんだね。
大瓶¥130、対して焼酎が1杯¥30だからね。
庶民はどうしても焼酎になってしまうわな。
おつまみは¥20が多い。

現在価格はこれの10倍ぐらいだろうか?
そうすると大瓶¥1,300になっちゃうからね。
ビールは高嶺の花だった訳だ。
だから「ホッピー」なんていう代物も出てきたんだね。


 
 

中野~吉祥寺

今日は中野のブロードウェイを散策して、吉祥寺に移動して井の頭恩賜公園散策、カフェ探訪
(予定のカフェは流石に人気で入れませんでしたが)最後に公園近くのイタリアンで呑みでした。

kiti001

これはブロードウェイ名物の特大ソフトクリーム、¥390を5人で楽しめればC/Pはすこぶる
宜しいかと。

kiti002

吉祥寺に移動して井の頭恩賜公園へ。この辺りでは有名な焼き物屋「いせや」の支店が見えてきました。

kiti003

外から見ると、店内はイイ~味出していますよ。

kiti004

昔、デートでよく来ました(笑)此処に来るのはそれ以来かな?何年振りだろ?
公園内で「いせや」の焼き鳥かじりながら2人でビール飲んでいたのを思い出しました。
自分にも確かにそういう時代はあった訳で・・・(笑)




小一時間、公園内を散策して、丁度好い時間になったので予約しておいたイタリアンへ。

ラ・ベファーナ
http://r.tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005930/

kiti005
サラダ

kiti006
前菜盛り合わせ

kiti007
ソーセージ盛り合わせ

kiti008
ナスとチーズのミートグラタン

kiti009
チーズ盛り合わせ

kiti010
kiti011
ピザ2種

今夜も飲みました。この辺りから記憶も怪しくなって・・・
2軒目は海鮮風居酒屋行きました(行ったみたい)ですが、記憶なし。
当然画像も無し(笑)
このメンバーで飲むと2回に1回は記憶飛ばしているような気がします(大汗)
他ではそんな事は無いんですけどね(本当に)

ご一緒した皆さん、お疲れ様でした。



 
 

十四代純米吟醸 龍の落とし子

tatu001


高木顕統という酒造家にとって「龍の落とし子」とは、どういう位置付けをされた
酒造米なんだろう?



昨季の「龍泉」がこれの40%精米であった事実を知ってからよく考えることである。

まさか蔵の最上位酒にこの米を使うとは思わなかったんだけど、もしかしたら将来
十四代の酒造りの中核を担う酒造米にするような設計図を彼は思い描いているのかも
知れないね。
父であり十四代目当主、高木辰五郎氏が品種改良して作り出した酒造米は「酒未来」
「羽州誉」「龍の落とし子」とあるんだけど、「酒未来」や「羽州誉」は他の蔵に
譲っても「龍の落とし子」だけは他には譲らなかった事実からも(笑)

それと近い将来、全国新酒鑑評会にはこの酒造米で出品するかも知れない(笑)
そんな気がするのだが、どうだろう。そしてそこで金賞でも獲ってしまったら・・・
想像しただけでも面白いではないか。



確か純米吟醸として「龍の落とし子」が初めて販売されたのが、1999年だったと思う
んだけど、その年か前の年だったかな、故、筑紫哲也氏が「NEWS23」の番組で山形の
蔵まで出向いて彼にインタビューした時に、その傍らに大事そうに置いてあったのが
「純米吟醸 龍の落とし子」だったのを何か印象的に覚えている。





 
<- 08 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
my account tweet
SAKE tweet
tweet of jyuyondai
プロフィール

而間☆ユ

Author:而間☆ユ
.
酒は麻薬のようなもの。呑んでいるつも
りが何時の間にか呑まれてしまって身体
を潰すのは酒呑みの性。
然し美味しいから解っていても止められ
ないんですけどね・・・

拙ブログ、まあ、見てやってください。
日本酒の全く新しい呑み方も提案しますよ。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。