呑んで☆呑まれて

呑んで☆呑まれて

呑まれて呑んだ・・・酒の記録です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

野毛呑み歩き~’11.12 (忘年会その2)

クリスマス・イヴ、野毛呑み有志で呑みでした。

bou024.jpg

集合時間迄、日ノ出町の「栞」でホッピー。

約束の19時になったので何時もの「若竹弐」へ。

bou019.jpg

今夜はこの手羽先のから揚げから。
メニューには無いんですが、野毛大道芸の時に露天出して
好評だった様子。甘目のタレにくぐらせてあります。
とっても美味。ここでは酒は終始燗でした。

bou020.jpg

bou022.jpg

bou023.jpg

bou015.jpg

bou021.jpg

で、焼き物各種も。

bou016.jpg

〆の「鶏スープ」今夜も呑み過ぎました(汗)お銚子10本位??(反省)

bou029.jpg

そして2軒目は都橋商店街に在る「ホッピー仙人」。今夜は何とか入れました。
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000448/

bou028.jpg

bou026.jpg

bou027.jpg

仙人の勇姿を(笑)ここでは流石に「生ホッピー」を1杯だけ。

bou025.jpg

最後は「カフェ・バジル」

今夜もお疲れ様でした。

bou030.jpg

次回は此処に出没予定。
「旧バラ荘」野毛らしいバーでしょ。
此処は一人で行ってみようっと。








スポンサーサイト
 
 

野毛呑み歩き~’11.12 (忘年会その1)

小学校の同級生6人で野毛のやきとり屋「若竹弐」でありました。
12月初旬の話なんですけど(笑)
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14033544/

bou005.jpg

bou003.jpg

bou004.jpg

最初は鶏鍋、これはメニューにはありませんが、特別に頼みました。
これのために道具も色々購入したとのこと。お店の方スミマセン(笑)

bou011.jpg

最後はお決まりの雑炊。

bou012.jpg

bou009.jpg

bou008.jpg

bou013.jpg

bou006.jpg

1軒目終って休憩は「カフェ・バジル」
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14040987/

bou010.jpg

一人だったら此処にも寄っていくところなんですが~床屋
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14001520/

bou002.jpg

2軒目は「Time~大夢」
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14035701/

bou007.jpg

気がついたら終電近く(汗)
楽しいと時間が経つのも早いです。


 
 

日高見~純米生「感謝の手紙 」

近所の酒屋で三度目の正直で日高見を買ってきました。
五百万石を60%精米し、宮城酵母で醸した純米の生酒です。

hit003.jpg

開けた時には少々アルコール感伴う吟醸香が。冷えているので
それ程香りはしなかったんですけど。

hit004.jpg

早速呑んでみると、やや硬い味わい。甘味、酸味より辛味、苦味のほうが印象強い。
特に呑み難さは無いんだけど、芳醇好みの方からは・・・。自分は外角低めギリギリで
ストライクゾーンです(笑)これ以上辛さやドライ感あるとチトきついけど。

hit007.jpg

感謝の手紙です。画像じゃ読み難いとか言わないように。目で読むんじゃなく、
心で読むんです(爆)

hit005.jpg

酒の味わいの続きですが、自分はこれ位のものも好みです。
煮物なんかと併せるならなおさら。

hit001.jpg

『感謝の手紙
 はじめに、この度の東日本大震災により、お亡くなりになられた方々のご冥福と、被災された多くの皆様とそのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。皆様のご多幸と一日も早い復旧と復興をお祈りいたします。 また、地震後、町の復旧に携わって頂いた多くの皆様には、心より敬意と感謝の気持ちを申し上げます。 さて、現在、弊社では震災で壊れた蔵の復旧工事を進めながら、何とか新しい酒造りを再開しております。復旧工事に当たりましても、現状復旧ではなく、より高い次元で酒が造れる設備を導入致しました。酒質の向上で応える事こそ、御愛飲頂いている皆様に対しての恩返しであると共に、震災なんかに負けていない事の証明にしたいと考えております。
 尚、震災復興酒『希望の光』発売に際しまして、全国の皆様から予想もしていなかった大きな反響と沢山のお問い合わせを頂きました事を、心より厚く御礼申し上げます。同時に、弊社に寄せられました皆様からの温かい励ましのお言葉や寄せ書き、更には支援物資や義援金など、皆様から頂いたご厚意に感謝すると共に本当に勇気づけられました。これからの復興の力に代えさせて頂きます。今回の震災を経て、改めて日本酒の持つ底力に圧倒された思いが致します。日本酒を愛する皆様と販売に携わって頂いた皆様に対しまして、改めて感謝の気持ちを表したいと存じます。また、皆様のご支援により販売させて頂いた『希望の光』の売上の一部は僅かな金額になりましたが、石巻市に義援金として献金致しました事を報告させて頂きます。
 文末ながら、私達、日本酒の蔵元は日本各地に多く点在し、其々の町の明かりを灯していると思っております。日本文化の担い手としての自負を胸に、これからも地域の明かりを灯して参りたいと存じます。そして、全国にいる精鋭の蔵元達と、これからも質の高い酒造りで凌ぎを削りながら、日本酒業界を盛り上げて参りたいと存じますので、今まで以上の応援を宜しくお願いします。

       ㈱平孝酒造 店主 謹白』

hit006.jpg

開けて2日目は、硬さも幾分退いて旨味、甘味が増してきた感じ。
1日目シャープ、2日目メロウ・・・ってな感じかな。

hit002.jpg


 
 

あぶくま~純米吟醸山田錦「袋吊り」

abu004.jpg

毎年楽しみにしている、あぶくまの「純米吟醸袋吊り」は山田錦使用。

この酒に出会って3年になりますが4度目の正直で宅呑みが叶いました。
19~21BYは外呑みでしたから。

abu005.jpg

冷蔵庫から出して直ぐを開けてみました。心地良く、丁度良い吟醸香を
愉しむ事が出来ます。

abu006.jpg

口に入れるとフルーティな甘味、酸味と淡い苦味のマッチングの妙を愉しめました。
これらの味覚はしっかり主張しているんですが、決して出しゃばらない・・・
そしてキレも大変良かったりします。

abu001.jpg

鼻に抜けるフルーティな感覚も中々良いですね。

でも、これまでこの酒は口開け5~7日位で開く感あったので、今宵は4合位で止めておいて
残りは暫く冷蔵庫放置いたします。

abu003.jpg

瓶を横に暫し寝かせておくと、滓が底にたまります。

abu002.jpg

 
 

而今~純米吟醸「酒未来」

今年初めて(宅呑)呑む而今は22BY最終出荷となる「酒未来」
この酒造米については色んなところに書いてあるから此処では触れない。

本来入手困難なこの酒、ある方のご厚意で入手叶った。折角なので様々な品温で試して
みたい。

jiko001.jpg


本人がそう言ったのかは知らないけど、「チャレンジタンク」と書いている書き込みを
幾つか見た。一昨年は「神の穂」昨年は「美郷錦」。でもチャレンジするなら単発で
止めずに何年か続けてくれよ!と言いたいね。1年だけじゃ解らん事も多いでしょ、
米の“性格”とか味覚の傾向とか。それは造り手も呑み手にもね。
だから此処では「チャレンジタンク」ではなく「きまぐれタンク」と呼びたい(笑)

※酒未来は23BYも造る「らしい」が。

jiko002.jpg

吉祥寺の某銘酒居酒屋の店主ブログには、今期の酒未来使った酒では而今のが
一番良かったとあるが。。。私は他の酒を呑んでいないので比べようが無い。
それ読んで個人的には顕統さん愛弟子の「東洋美人」頑張れや・・・という気持ちなのだが。

jiko003.jpg

開けた時には而今らしいフルーティな香り。
最近はあまり香らない酒が続いたので何か新鮮。

jiko004.jpg

呑んでみると、而今特有の甘味ありながら、ややシャープな辛味と程好い酸味
感じられる「個性的な而今」
甘ったるいのは苦手なので自分好みの味覚。

含むとあの而今らしい旨味が口の中に膨らみ、喉越しは綺麗に消える。

辛口の而今はとても旨い!

鼻につく「吟醸具合」も丁度よく、呑み飽きしない酒質も特徴。
何時も呑みたいとは思わないが、而今はやはり旨い。






 
<- 12 2011 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター
my account tweet
SAKE tweet
tweet of jyuyondai
プロフィール

而間☆ユ

Author:而間☆ユ
.
酒は麻薬のようなもの。呑んでいるつも
りが何時の間にか呑まれてしまって身体
を潰すのは酒呑みの性。
然し美味しいから解っていても止められ
ないんですけどね・・・

拙ブログ、まあ、見てやってください。
日本酒の全く新しい呑み方も提案しますよ。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。