呑んで☆呑まれて

呑んで☆呑まれて

呑まれて呑んだ・・・酒の記録です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

侘助

また野毛で呑みました。

一軒目は「萬福」という街の古い中華屋さんで餃子や唐揚でサワーを2杯。
さて、二軒目に「オマエ絶対に気に入る!」と言われて連れていかれたのがこの店です。

先日の武蔵屋から約20mの至近にそのお店はありました。

DSC_0037.jpg

店の入り口は野毛というか横浜というより、京都は先斗町の小径の奥っぽい雰囲気を漂わせています。

DSC_0036.jpg


DSC_0034_20130126110646.jpg

引き戸を開けるとカウンターに7席と囲炉裏に2~3席のこじんまりした店内です。
オッ!中々良い感じ。

DSC_0031_20130126110631.jpg

品書きは見ませんでしたが(見ろよw)酒は日本酒中心なのかな?龍力や杉錦なんかがあるみたいです。

DSC_0029_20130126110630.jpg

お通しはじめ、肴も日本酒に合いそうなものが多い(みたいでした)
本日のお通しは左から、焼葱の煮びたし、海老芋(多分w)、生春巻き。
これは「小」にしてもらったのですが、普通だと5品!!もあってかなりの量みたいです。
お通しなのに御飯物もあってそれだけで肴は事足りるって感じ。

酒はお燗を。此処では湯の入った箱に1合ちろりが浸かっている(燗すけ)の様な
入れ物に入って出てきます。最初はぬる燗ですが暫く経つと熱くなります。
ぬる燗の時は、柔らかい味わいの旨い酒ですねぇ。あえて銘柄なんか訊きませんでしたが、
恐らく特定名称酒。

DSC_0030_20130126110631.jpg

頼んだ肴は、干した蛍烏賊とじゃこ天を炭火で炙りながら。

DSC_0032_20130126110631.jpg

店内は特にBGM等も無く、静かです。

DSC_0033_20130126110629.jpg

物静かで雰囲気ありそうな女将さんが一人で切り盛りしているお店です。
なんか居酒屋版「深夜食堂」みたいなドラマの舞台になりそうな感じのお店でした。

因みに予約は承っていないそう。小さいお店なので2~3人で伺うのが良いかな。


スポンサーサイト
 
 

王祿~本醸造無濾過

一昨年の暮れに追浜の酒屋で十四代が購入出来たので、昨年暮れも色気づいて
行ってみました(笑)

DSC_0056.jpg

残念ながら二匹目のドジョウは居なかったみたいです。それでは・・・と正月用に
この酒を買いました。

DSC_0057.jpg

裏ラベル見ると分かりますが、蔵で約2年寝かせの本醸造です。リーチインでは無く奥の冷蔵庫
から出してもらいました。(すみません、その辺神経質なもんでw)

DSC_0058.jpg

正月なのでお屠蘇で頂きました。燗です。
程好い甘みの旨い本醸造ですね。ぬる~ふつう燗ぐらいで呑むと甘み(旨味)に膨らみ感じ
料理にも良く合って、心地良い満足感が得られます。この燗呑んでから冷も試しましたが、
比べると旨味やや薄い感じで断トツ燗酒・・・って感じでした。順番逆に試したら感想も多少
違うかも知れませんが。

前回「流」の時も書きましたが、こういう下のランクの酒でもこのように旨味の通っている
酒造る蔵って本当に好きですね。本醸を2年も蔵に置いておく辺りにも「愛」を感じますし(笑)
造り手尊敬してしまいます。
これで¥2,150はコスパ良過ぎます。

DSC_0059.jpg

昨年は殆ど良い事なんか無い一年でしたが、一本目がこういう充実の酒に当たると、今年は
ちっとはマシな年になるかな・・・と思わせてくれます(政権も変わったし)


 
<- 01 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
my account tweet
SAKE tweet
tweet of jyuyondai
プロフィール

而間☆ユ

Author:而間☆ユ
.
酒は麻薬のようなもの。呑んでいるつも
りが何時の間にか呑まれてしまって身体
を潰すのは酒呑みの性。
然し美味しいから解っていても止められ
ないんですけどね・・・

拙ブログ、まあ、見てやってください。
日本酒の全く新しい呑み方も提案しますよ。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。