呑んで☆呑まれて

呑んで☆呑まれて

呑まれて呑んだ・・・酒の記録です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

六根~純米吟醸「タイガーアイ」冷卸

久しぶりに酒買ってみました。
その中の1本、夏前ぐらいから機会あれば注文してみたいと思っていました。

DSC_0195.jpg

青森の酒「六根~ろっこん」です。
まだ若い蔵元が2年ぐらい前から造っている酒。
元々は「松緑」という銘柄で酒造りをしていた「斎藤酒造店」という蔵元の
酒らしいです。

DSC_0196.jpg

講釈はこれぐらいにして早速呑んでみます。

DSC_0199.jpg

うすはりに注いだ酒は、やや色が付いているでしょうか。

DSC_0197.jpg

開けた時の香りは、やや控えめな吟醸香。冷蔵庫から取り出したてだったので
香りは余り立たなかったのかも知れません。

そして呑んでみると、スッキリ目の甘み、程好い酸、喉越しに微量感じる苦味。
こりゃあ旨い!じゃないですか!!
開けた時、冷え冷えの状態では、3つの味覚のバランスが絶妙ですね。
甘みを酸と苦味が軽くオブラートする感じです。
品温戻りかけると、甘みがややリードする傾向も解りました。今日は極力冷えた状態で呑みます。

甘みばかりが前面に来ないで、酸と苦味との調和がとれている辺りが個人的に好印象
の理由でしょうか。

初呑みでこれだけ良いと思える酒も久しぶりですね。

呑む前は「此処はこんな味覚の方が良いんじゃないのかな~~」なんて上から目線で
感想書いてやろうと目論んでいましたが、一口目、舌先に触れただけで「完敗」でした(笑)

DSC_0198.jpg

この酒は来年以降も楽しみです。
今年の出来がマグレでないことを祈りつつ・・・(爆)



【1日後】
酸が少し抜けた分、甘味は昨日より強く感じられた。
昨日は全体的にスッキリ感ある印象だったが、今日は甘味ややリード。

【2日後】
最終日は常温で。
円やかな甘味が素晴らしく感じる。
イヤミ無くケチのつけどころが無い。
常温で終わってしまったので燗が試せなかったが、
呑まなくても解る(笑)この酒質はぬる燗も良い。




スポンサーサイト

 
 

Comments

 
ご無沙汰しております・・・


「六根」

とても気になっている銘柄です★

僕の修業先酒屋での取り扱いも始まりましたし

蔵元様の苗字が同じですしね(笑) 

字は違いますけど(^^ゞ


 
お久しぶりです。

今呑んでいる南会津の「山の井」もそうですが、
若い人が2~3年目の造りなのにしっかり「良い」酒造ることに
関心します。これは本人の自覚と努力、周りのバックアップも
勿論あると思いますが、最近の酵母の性能が飛躍的に良くなって
いるのでは?・・・なんてなんとなく感じているのですが。


まぁ、初めて呑む若い蔵元が造った酒が旨いのは嬉しい事です。




「斎藤酒造店」   そこ着目すると思っていました(笑)

 
<- 09 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
my account tweet
SAKE tweet
tweet of jyuyondai
プロフィール

而間☆ユ

Author:而間☆ユ
.
酒は麻薬のようなもの。呑んでいるつも
りが何時の間にか呑まれてしまって身体
を潰すのは酒呑みの性。
然し美味しいから解っていても止められ
ないんですけどね・・・

拙ブログ、まあ、見てやってください。
日本酒の全く新しい呑み方も提案しますよ。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。