呑んで☆呑まれて

呑んで☆呑まれて

呑まれて呑んだ・・・酒の記録です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

白鶴~純米吟醸山田錦

久しぶりに自宅で酒買って呑んでみた。

DSC_0106.jpg
開けた時には、しっかりした吟醸香を感じる。

呑んでみると、濃厚ながらすっきり感もある甘味、リンゴ様控え目な酸、しっかり感じる苦味
・・・の印象。最初は苦味がややリードした感じ。

こういう味覚ならもう少し酸が欲しいかな・・・正直なところ。
でも造り手は(もしかしたらこの酒の造りを依頼した酒屋の社長はw)酸の少ない“黒龍の上のクラス”
の様な上質感ある味覚を狙っているのかも知れないが。。。

DSC_0105.jpg

全体的な印象は、上質な旨味あって苦味を伴いまとまりある感じ。

DSC_0107.jpg

まァ、品温が上がればその苦味も若干弱まる訳なんだけど。

DSC_0109.jpg

やはりそれでももう少し酸は欲しいね、個人的感想を云わせてもらえば。
あと、この酒は肴も選ぶね。今夜はじゃがいものスライスとベーコンをオリーブオイルで焼いたもの
だったが、(今宵呑むつもりはなかったので肴用意していなかった)相性はどうだろう・・・いまいちかな。
明日はもう少し考えてみよう。



【2日目記】
味覚は昨日と然程変化は無い様に思うが、今日は甘味(旨味)がやや単調に感じられた。
もう少し「膨らみある旨味」が欲しいと思った。これは2~3年の熟成で解消できるかも
知れない部分だが。


【3日目記】
昨日は単調に思えた甘味も、昨日より温度をやや上げて冷~常ぐらいで呑んでみたら、甘味に
やや膨らみを感じるようになった。残念ながら酒はここで終了。やっと呑み頃見つけたのに(笑)


 
 

Kanakoya(かなこや)~日ノ出町

先週の野毛です。

1軒目、「益子」という野毛のやきとり屋で呑んだ後に寄りました。
かなこやです。

DSC_0095.jpg

1軒目でもかなり飲みましたが、丁度人数分席が空いていたので入りましたよ。

DSC_0096.jpg
生で食します(驚) おっ!? 甘くて食べれますね。生のとうきびは初めて食べました。

DSC_0094.jpg
此方はオリーブの実の塩漬。

こんな肴でハウスワイン1杯とイチローズモルトをロックで1杯。

最後は深夜まで営業している小さなケーキ&カフェ「バジル」でお茶を。
小さなスタンドカフェで、通りから店内が見えるんですけど、此処はみどりちゃんという女性が担当の時だけ寄ります(爆)
ヤローの時は素通り・・・・

DSC_0090_20130718223901.jpg
此処の濃厚なエスプレッソが好みなんです。小さなカップに入って出てきます。

DSC_0088_20130718223859.jpg
ケーキは手作り感ありますね。お姉さん何時行ってもケーキ作っています。これはモンブランのタルト。

DSC_0092_20130718223903.jpg
小倉抹茶のタルト。ケーキは日替わりみたいです。

こんな感じで夜も更けてまいりました。


 
 

坂の上のそば屋「司」~日ノ出町

約2ヶ月ぐらい前に行った蕎麦屋です。
この辺りじゃ珍しく日本酒が充実している・・・ってんで行ってみました。

DSC_0051.jpg
昨日紹介した「Kanakoya」の前を通り、ご覧の階段を上がった先にお店は在ります。


食べログ等見るとかなりキツイ階段を登った先にやっと店がある・・・なんて、かなり階段
のキツさを強調した書き込みを幾つか見受けましたが、実際行ってみたらこんな程度でした。
この階段がキツいなんて普段どんな生活しているんだよ!?とか思ってみたりして(笑)

DSC_0053.jpg
住宅地の中にポツンと在りました。

DSC_0054.jpg
分かり難いでしょうが、玄関です。中々雰囲気あります。

DSC_0056_20130629222933.jpg
もずく。

DSC_0057_20130629222954.jpg
此処の名物だそう、平貝の一夜干。これ酒にあいますねぇ~。こういうのでチビチビ呑む
のが好きなんです。載っているのは蕎麦の実味噌。

DSC_0055.jpg
酒はこんな入れ物で供されます。

DSC_0059_20130629222957.jpg
酒はこの辺りを左から右へ。

DSC_0058_20130629222955.jpg
天ぷら盛り合わせ。

DSC_0060_20130629222959.jpg
2時間ぐらい経ったでしょうか、気が付けば他のお客さんも皆帰ったようなので
会計を頼もうかと思ったら、女将さんから「えぇ~~!蕎麦屋来て蕎麦食べないのぉ~~!!」
なんて言われたので仕方なく・・・本音は食事しに来た訳じゃなく酒呑みに来たのだけどなぁ
という感じだったんですけど。呑んだ後に腹に溜まるもの食べると、折角の酔いの余韻が悪くなるのであまり
食べたくはないんですけどね。因みに蕎麦は十割の田舎蕎麦でした。

DSC_0061_20130629222952.jpg
酒は5~6合呑みましたか。〆はよく呑みましたということで(大笑)サービスの「焼酎の蕎麦湯割り」を。

ご馳走様でした。




 
 

Kanakoya(かなこや)~日ノ出町

最近のお気に入りです。先週も行きました。

DSC_0092.jpg

京急、日ノ出町駅隣接のマンション1Fに在るんで雨の日でも傘なしで行けます。
ワインバーの「かなこや」
地元出身の女性オーナーと男性一人の二人で切り盛りしているお店です。
ワインバーですが、酒はワインだけではなく、何でもあります。勿論日本酒も。
酒がダメな人にはカフェメニューもあったりします。

此処ではワインを飲んでいます。初めて行った先週と昨夜は色々グラスで7~8種類。
最後に気が付いたんですが、そんなに飲むんだったら最初からボトルで頼めば良かった・・・
次回からはそうします。(笑)

今回は頼んだ肴を紹介。
皆、素材が良いのか、シンプルな料理でもかなり美味しいです。
レベル、結構高いです。何時も混んでいて中々入れない理由がよく分かりました。

DSC_0091.jpg
ミックスピザ。常連はなにやらチーズの量などオリジナルなリクエストをしていたみたいでしたが、
自分らはオーソドックスなヤツを。

DSC_0088_20130628225638.jpg
蒸鶏のつぶマスタード和え。鶏とマスタードの相性もとても良く美味しかったです。

DSC_0087_20130628225636.jpg
スモークサーモンとアボカドのタルタル。クラッカーは「あたり前田のクラッカー」です。

DSC_0089_20130628225640.jpg
ヤングコーンとアスパラのボイル。こんな大きなヤングコーンは初めて見ました。
これはシンプルに塩を付けて。

こんな感じで2時間くらいお邪魔しました。


 
 

赤霧島

久しぶりにブログ書きます。

DSC_0087.jpg

今日は自宅近くに某大手スーパーが開店!・・・でオープニング記念で「赤霧」も販売する・・・ってことで、
偵察がてら行ってみました。

DSC_0088.jpg

「1升、900ml共に限定100本」なんてチラシには書いてありましたが、夕方行ってみたところまだ十分余裕ある
感じでした。(っていうか手付かず状態)    まぁ、宅の近所じゃ焼酎の事知っている人間なんて皆無だろう
から夕方行っても余裕だろうなんて高を括っていましたが、案の定。

・・・ってことで900mlを買ってみました。¥1,280なので定価ではないでしょうか?

DSC_0089.jpg

自宅に帰って早速飲んでみましたよ(笑)

ロックで飲みました。クセも無く良い感じです。美味しいですね。
自分もプレミア焼酎のことはよく分かりませんが、これが普通に当然定価で買えるんだったら晩酌の定番にしたい・・・
そんな風に思いました。


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
my account tweet
SAKE tweet
tweet of jyuyondai
プロフィール

而間☆ユ

Author:而間☆ユ
.
酒は麻薬のようなもの。呑んでいるつも
りが何時の間にか呑まれてしまって身体
を潰すのは酒呑みの性。
然し美味しいから解っていても止められ
ないんですけどね・・・

拙ブログ、まあ、見てやってください。
日本酒の全く新しい呑み方も提案しますよ。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。